近視の進行を食い止めるアトロピンについて

近視の進行を食い止めるアトロピンとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
近年、近視の進行を止める薬として「アストロピン」を含んだ目薬が注目されています。アストロピンという成分は、もともと目の調節機能を麻痺させる働きを持っている成分で、今までにも近視や遠視などで正確な屈折角度を測る検査や、斜視・弱視の診断、目の奥を見るために散瞳という瞳孔を開く作用が必要な時に、用いられてきた医薬品のひとつです。そのアストロピンに近視の抑制作用があるらしい、ということはもともと言われていて、海外では実際に処方が行われている国もありました。しかし、本来持っている作用から、この薬を点眼すると眼のピントが合いにくく、手元が見えない老眼のような状態になり、瞳孔が開いてまぶしくてたまらない、などの副作用が長期間続いてしまいます。したがって、効果はあるけれども普通の生活に支障をきたすことから、実際には使えない薬という扱いになっていました。

スポンサーリンク


実用化されるようになったきっかけとは?


そんなアストロピンですが、ここ数年の研究で通常のアストロピン点眼(1.0%)を100倍に薄めても近視予防に効果があるという結果が出て来ました。近視予防効果は、通常の1.0%希釈の点眼薬が一番効果は高いのですが、0.01%希釈(通常の点眼を100倍に薄めたもの)でも、何も使わない場合と比較すると、近視の抑制効果が高いという報告が、多くの研究機関から相次ぎました。しかも、通常の点眼で懸念された調節機能のマヒや散瞳による日常生活への影響も、ほとんど気にならない程度にまで軽減されたことから、一気に国内でも実用化への道が開かれたのです。また、使用者のごく一部にアレルギー反応の報告がありましたが、これも使用を中止すれば解決する程度の副作用だったので、さまざまな副反応への懸念が一気に払拭されました。

アストロピンの作用も次第に明らかに


以前より、アストロピンの近視の進行を遅らせる作用は、ピント調節機能を麻痺させることで調節筋が休まるため、と理解されてきました。実際にその一面はあるのですが、極端に薄い希釈の点眼薬でも効果が確認されたことで、単にそれだけの作用ではなさそうです。最近の研究では、近眼の人が持っている眼軸(目の長さ)を伸ばしてしまう作用を、アストロピンが直接ブロックしているのではないかと考えられています。現在、低濃度のアストロピンは、近視が進行しそうな小学生〜高校生に対して処方されています。しかしまだまだ出してくれる病院が少ないのが現状です。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加