近視を矯正するコンタクトレンズについて

近視を矯正するコンタクトレンズとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

特別な手術などを必要とせず、ひと晩装着するだけで視力回復が期待できる、視力矯正用のコンタクトレンズがあります。夢のようなこのコンタクトレンズは、オルソケラトロジーと呼ばれます。

難しい名前ですがギリシャ語で、
  • オルソ⇒矯正
  • ケラト⇒角膜
  • ロジー⇒療法、学問  
…を意味しており、文字通り角膜を矯正する方法という意味のネーミングになっています。

オルソケラトロジーの仕組み


オルソケラトロジーは、高い酸素透過性を持つ特殊な形の矯正用ハードコンタクトレンズです。使い方はいたって簡単で、このレンズを就寝中にひと晩装着するだけでOKです。朝起きて、このレンズを外すと視力が出るようになっていますので、昼間はメガネなどの矯正なしで過ごすことが出来ます。

なぜこのような事が可能かと言うと、このコンタクトレンズは、角膜の中央部に少し押しつけるような形状で、角膜自体を凹レンズのように癖をつける形にデザインされています。つまり、メガネと同じような効果を、角膜自体にしてもらおうという事です。

スポンサーリンク


もともとは、ハードコンタクトレンズを使用していた患者が、レンズのカーブの癖が角膜についてしまい、外した後普段使っているメガネが合わない、という現象から発想を得たとのこと。

水分が多くやわらかい角膜は、癖付けがしやすく、毎日使用することでより癖付けが定着し、落ち着いて来れば2〜3日に一度の装着でも視力が安定するということです。

また、手術と違って、万一自分に合わない場合も、使用をやめれば角膜は元に戻りますので、そういった意味では安全性の高い方法といえます。

どんな人に効果が高いか


視力矯正に悩むすべての人におすすめのオルソケラトロジーですが、メガネや眼の疲労から肩こりなどの2次的な症状に悩まされている人や、メガネ・コンタクトが煩わしいという人、裸眼でスポーツが出来るようになりたい人、などに特に重宝されている様です。

オルソケラトロジーのデメリットは?


良いことばかりのようなオルソケラトロジーですが、やはり異物を目に入れて就寝するため、デメリットもあります。人の睡眠は、眠りが深い状態と浅い状態が交互にやってくることは良く知られていますが、眠りが浅い時間帯には、眼球運動が激しい事が分かっています。

安全性を考えて作られているレンズでも、異物は異物です。角膜に傷がつく可能性がないとは言い切れません。また、保険診療ではないため、高額な医療費が掛かるうえに、視力を維持するには使い続けなければいけません。

また、思うような効果が出ないケースも考えられます。手軽な視力矯正法だと思われるかもしれませんが、デメリットを含めてよく考える必要があります。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加