近視が原因による寄り目について

近視が原因で寄り目になる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
近視の人(特に強度近視の人)の瞳が、少し寄り目になっているように感じることがありますが、実際に強度近視は寄り目(斜視)の原因になる事があります。斜視は一般的に、遠視のある小児に発生することが知られていますが、成人してからの斜視は、強度近視が引き金になっている場合があります。これは近視が原因で、調節性内斜視と呼ばれる、俗に寄り目と言われる状態を引き起こすのです。

調節性内斜視とは?


人間の目は、近くを見るときに無意識に視線を内側に寄せて、焦点を合わせています。これは専門用語で輻湊(ふくそう)と言われる現象です。例えば、指でつまんだ小さいものを近くで見ようとするとき、自然と寄り目に近い状態になるという経験は、誰しも思い当たる事でしょう。このように瞳は物を見るときには、対象物に焦点を合わせるだけでなく、眼球の角度を微妙に調節して、より良く見ようと働いています。しかし、強度の近視の人の場合は、ものを良く見ようとするあまりに必要以上に水晶体の調節を発揮しようとし、眼筋全体が緊張して、必要以上の輻湊(ふくそう)を起こすことがあります。このような現象が、調節性内斜視、つまり寄り目の状態です。

スポンサーリンク


どのような人がなりやすいのか?


大人の近視の人がなりやすい調節性内斜視は、几帳面で真面目な性格の人や、対象物をしっかり見る必要のある職業の人などに比較的起きやすいようです。たとえば、見え方の問題も、多少ぼんやりしていても文字が読めればOKとはいかず、文字の輪郭まではっきりと見えなければ納得できない、と言う様なタイプの人に起きやすいと言われています。そのような下地がある強度の近視の人が、過度に焦点を合わせようと眼筋を疲労させると、眼筋の調節バランスが崩れ、またより良く見ようと輻湊(ふくそう)を行い、寄り目の原因を作ります。そのうち症状が進むと、近くを見るときだけにとどまらず、遠くを見る場合も焦点を合わせようとするうちに、無意識に寄り目で見るようになってしまいます。

近視が原因の寄り目の治療法は?


斜視の治療というと手術しかないかと言うと、そうでもありません。近視が原因で斜視を起こしている場合は、両眼が同じように使えていないケースが多いため、まず症状が軽度のうちは、メガネやコンタクトレンズで適切な屈折矯正を行ない、両眼視がきちんとできるようにします。また、寄り目になっている方の目をきちんと働かせるため、専門家の指導を受けながら、アイパッチや眼帯で正常視の方の目を覆い、寄り目側の目にしっかり見る力を付けさせる方法もあります。いずれにしても早めの処置が功を奏しますので、気になる場合は放置せず、専門家の診察を受けましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加