近視の悪化を防ぐ方法について

近視の悪化を防ぐためには?

このエントリーをはてなブックマークに追加
これ以上近視を進行させないために一番大切なことは、目を酷使しないことです。最近ではパソコンなどのIT機器の発達からか、成人してからの視力の低下に悩む人も増えていますが、昔と比べると日常生活で目にかかる負担ははるかに増加しています。眼精疲労とも呼ばれる、目にたまった疲労を取り除く手立てが必要になってきています。

目の疲れを解消するために有効な方法


どうしても目を酷使してしまう現代人の生活ですが、その分意識的に目の健康を維持するようにしましょう。一番単純な疲労回復方法は、目を使わないこと、つまり目を閉じることです。目に疲労を感じたら、とりあえずしばらく目を閉じて、休息を与えてください。目を閉じることで、常に光を取り込みピント調節をしている目の筋肉が、緊張から解放されます。また目が疲労すると、ドライアイと言って、目の表面が乾きやすい状態になっています。まぶたを閉じることで、目の表面が涙で潤い、わずかな時間でも疲労回復の効果があります。

スポンサーリンク


眼球の周辺の血行をよくすることも重要です。少し強めにまばたきをするだけでも、血行促進効果があります。ホットタオルなどで眼球を温めたり、目の周囲の眼精疲労に聞くツボをマッサージしたりすると、より効果的でしょう。手元の作業が続くと、どうしても瞳が一点を見つめてしまい、あまり動かしていない状態になります。このような際には、意識的に視線を上下・左右に移動させて瞳を動かし、眼球の周囲の筋肉をほぐすようにします。これはいわばストレッチ運動と一緒で、眼球周辺の血行を良くすることで、目の疲労回復に役立ちます。

疲れ目に聞く栄養素とは?


目を酷使してしまいがちな人は、疲れ目に効果があると言われている栄養素を、日常的に摂取しておくことも有効です。

CMや雑誌などでよく見かけるのは、ブルーベリーが目の健康に役立つ、という情報でしょう。ブルーベリーに含まれているアントシアニンという色素は、ポリフェノールの一種で、ブルーベリーをそのままの紫色をした色素です。人がなにかを見続けると、網膜内のロドプシンという物質が分解されて電気信号に変換されます。分解後、ロドプシンは再合成されて視神経に信号を送り続けますが、過度に目を酷使すると、ロドプシンの再合成が間に合わず目が見えにくく感じたりします。アントシアニンはこの再合成をサポートすることで、目の疲労回復に役立つのです。アントシアニンは、最近ではサプリメントで簡単にとる事が可能になりました。適宜に取り入れて、近視の悪化に役立てたいものです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加