近視と目の病気の関係について

近視が原因で目の病気になる?

このエントリーをはてなブックマークに追加
近視は、瞳のレンズのピントを合わせる毛様体筋の緊張や、眼軸(眼球の長さ)の伸長が原因と言われていますが、子供時代に早期に発症する近視のほとんどで、眼軸が長くなっていることが分かってきています。特に、眼軸が一般の人よりもかなり長くなるタイプの強度近視は、たかが近視とあなどってはいけません。近視、特に強度近視だと、様々な眼病の発症のリスクが高くなるからです。

近視が原因で発症する目の病気とは?


眼軸の長い近視の人は、言い替えれば眼球そのものが長く引きのばされた状態なので、深刻な目の病気を引き起こします。圧倒的に近視の患者が多いことで知られているのは、網膜剥離(もうまくはくり)です。これは眼軸が長いために、眼球の内側の網膜が引っ張られて薄くなっていることから、網膜が裂けたり穴が開いたりしてしまい、そこから網膜がはがれてしまう病気です。また、網膜脈路萎縮(もうまくみゃくろいしゅく)は、網膜剥離と同様に、引っ張られた網膜やそのすぐ外側にある脈路膜という部分が、薄くなって萎縮していく病気です。

スポンサーリンク


黄斑部出血(おうはんぶしゅっけつ)や黄斑円孔(おうはんえんこう)、黄斑中心窩分離症(おうはんちゅうしんかぶんりしょう)は、黄斑部と呼ばれる、網膜で一番視力に関係している部位に、出血や裂孔、網膜の分離が起きてしまう病気です。このほかにも視神経障害が起きることもあり、これらはいずれも眼球の変形により、さまざまな部位が引き延ばされたことが原因となっています。また、日本人の失明原因の第一位である緑内障や、ある種の白内障も、近視であることが発症リスクを高めています。

特に強度近視の人は定期検診を!


近視の人が掛かりやすい目の病気は多く、さらに加齢・老化が目の病気を発症しやすい状態を作っていきます。特に40代以上の強度の近視の人は深刻な眼病のリスクが高いことを自覚し、月に一度くらいは、自分で片方ずつ目をふさいで、ゆがみや視野の欠けがないか、見え方をチェックしてみるくらいの習慣を持つようにしましょう。また、これらの病気は、それぞれ手術や治療法もありますが、放置すれば著しい視力の低下や、最悪の場合は失明にも結び付く、注意が必要な病気ばかりです。どんな病気でもそうですが、眼の病気に関しても早期発見・早期治療が有効なのは、言うまでもありません。近視の人は、ある程度の年齢になったら自覚症状が無くても年に一度、何らかの不調を感じる場合は2〜3か月に1度は定期的に眼科を受診し、検査を受けることをお勧めします。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加