近視とダイビングの関係について

近視でもダイビングはできる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

海のレジャーとして人気の高いスキューバダイビング、もちろん近視の人でも楽しむことが出来ます。しかし、近視の人ならではの苦労がいろいろとあるようです。

海中での視力確保が必須


ダイビングは水中マスクを装着しますが、当然のことながらメガネをかけたまま水中マスクをすることはできません。軽めの近視の人ならば、多少の不便さは覚悟の上、普通の水中マスクで潜る事はできますが、せっかくの海中の景色が十分に堪能できないでしょう。

コンタクトレンズを装着して潜る人もいますが、これも不測の事態を考えると100%おススメはできません。例えばダイビング講習では、海中でマスクが外れた時の対応法を学びますが、海中で何らかの原因でマスクが外れたり、または外さなければいけない状況になったりすることは、稀にあります。

もし、コンタクトを装着している状態でマスクが外れれば、コンタクトは海水で流れ落ちてしまうこともあります。軽い近視の人ならともかく、裸眼では視力が十分でない人がコンタクトが外れてしまったら、事故の原因になる事も考えられます。

度付きの水中マスクもありますが・・・


このようなケースを考えると、度付きのレンズが入った水中マスクも便利でしょう。オーダーメイドなので高額にはなりますが、水中での視力は確保され、マスクが外れてもきちんと装着しなおせれば安心です。しかし、度付きの水中マスクには意外な落とし穴があります。

裸眼で視力が出ない人が度付き水中マスクを使用する場合、エントリー直前までの視力をどのようにして確保するか、という問題があります。人によって様々な工夫をしているようですが、たとえば準備の段階からメガネをはずして水中マスクを装着しているという人もいます。

しかし、水中マスクは鼻まで覆うような形になっており、準備の段階から口呼吸を行うのは、かなり息苦しく不快なようです。中にはエントリー直前までメガネを装着し、ケースに入れて携帯したまま潜る、という人もいます。

しかし、海中でのメガネの破損の恐れがあり、予備のメガネを充てるか、比較的水圧に強い素材で作っておくかは考えどころです。

レーシック手術を受けるダイバーが増えている


近視のダイバーにとって視力確保は、時には事故につながる危険性もある難しい問題ですが、根本的に視力を回復する方法としてレーシック手術(角膜屈折矯正手術)を選択する人が増えている様です。患部が落ち着くのを待つ間、手術後1か月ダイビングはできませんが、その後は裸眼で快適なダイビングを楽しむことが出来るでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加