近視の軽度・中度・強度について

近視の軽度・中度・強度とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

良く「軽度の近視」、「強度の近視」という言い方をしますが、この場合の「軽度」、「中度」、「強度」という分類は、実は視力に由来したものではありません。本当に正しい近視の度合いは、通常ディオプトリー(D)と表される、その人の眼に適応するレンズの屈折度数で表されます。

視力が0.1でも軽度近視に分類されるケースとは?


例えば、視力が0.1の人がいたとします。視力検査表の、一番上のランドルト環(Cのような検査用のマーク)がやっと見えるかどうか、という人を、「ひどい近視の人だな」と感じることがありますが、このような人でも眼科で検査をすると、「軽度の近視ですね」と言われるケースがあります。

これは、医療現場で実際に使われるきちんとした検査が、学校などでよく行われる視力検査だけでなく、屈折度数という数値を基準にしているからです。

屈折度数は、その人の眼にぴったり合うレンズ度数で表します。つまり、「近視の度」とは、レンズの度数のことです。視力が0.1でも、レンズの度数が軽度の分類になる事は一般的です。

また、視力と屈折度数(レンズの度)には相関関係が出る場合もありますが、眼の状態には個人差がありますので、同じ視力の人でも違う度数が出ることは珍しいことではありません。

スポンサーリンク


近視の度数の分類


屈折度数(D)は、

D = 1(メートル)/ 焦点距離(メートル)

という計算式で算出されますが、焦点がちょうど合うまでの距離によって数値が変化します。近視の人は正常な人よりも手前しか見えない状態なので、マイナスで表記するようになります。

例えば、焦点を標準よりも手前50cmの位置に合わせたレンズは、

1m  / −50cm = 1÷( −0.5 )= −2

となり、−2D のレンズ、と表現されます。このレンズがちょうど良い場合の度数を「−2D」と言います。

近視の軽度・中度・強度の分類


屈折度数によって、近視の度合いにはいくつかの分け方があります。

  • 初期近視 -1D以下
  • 軽度近視 -1D 〜 -3D以下
  • 中等度近視 -3D 〜 -6D以下
  • 強度近視 -6D 〜 -10D以下
  • 最強度近視 -10D 〜 -15D以下
  • 極度近視 -15D 〜

または、もっと大まかに分類したものもあります。

  • 軽度近視 -2D以下
  • 中等度近視 -2D 〜 -4D以下
  • 強度近視 -4D 〜 -6D以下
  • 最強度近視 -6D 〜

このように、近視の度数を表現する分類方法はありますが、いずれも区切りの良い数値で分類してあり、「ここまでが軽度」「ここからが強度」といった、絶対的な近視の進行度合いを測るものではありません。

しかし、これらの分類を比較すると、おおむね−2D程度なら軽度の部類、−5Dか−6Dあたりになると、強度の部類に入っているだろう、と考えられるでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加