近視が原因による眼球の変形について

近視が原因で眼球が変形する?

このエントリーをはてなブックマークに追加
近視の中でも、何らかの病的な原因で目の長さ(眼軸)が伸びる、眼軸性近視があります。特に、国内の40歳以上の人の5%を超える人が強度近視と言われていますが、この中に病的近視とも呼ばれ、網膜出血や網膜剥離、網膜変性などの網膜の異常や、網膜神経が死滅する緑内障を引き起こしているケースがあります。メガネやコンタクトレンズでは視力が出ないばかりか、進行すると失明することもある、危険性の高い近視と言えます。

こういった病的な近視は、眼軸の伸び以外に眼球の変形が元になっているのでは、という専門家の見解がもともとありましたが、最近の研究で、眼球の変形をとらえた画像撮影に成功し、眼球の変形が視神経の異常につながっているという実態が突き止められました。

スポンサーリンク


眼球の変形パターン


正常視の人の眼球はほぼ丸い形をしていますが、病的な近視がある人の眼球は、大きく分けて4種類の変形のパターンがあります。眼球の後ろがとがった形で出っ張るケース、眼球の後ろが丸く膨らんで出っ張るケース、鼻側に突出するケース、耳側に突出するケース、の4パターンで、後ろに膨らむ場合は左右対称に起きることが多いようです。一方、鼻側や耳側に突出するケースでは、片方の眼球にだけ起きることが多く、このうち視神経への負担がもっとも大きいのが、耳側が突出する場合です。引っ張られた視神経の障害が起きやすく、もっとも注意を要するケースです。

なぜ眼球の変形が起きるのか


眼球の変形の画像撮影により、病的近視の人の眼球は、毛細血管が減少した状態にある事も分かりました。これにより、眼球に栄養や酸素を届ける役目の血流がうまく働いていないことが分かり、血管の減少が眼球の変形を招いている事が裏付けられました。眼球に関わらず、血流の不十分さが原因で起こる疾患を、虚血性疾患と呼びますが、眼球の変形も虚血性疾患のひとつとみてよさそうです。

眼球の変形が分かったことのメリットは?


最近の研究で裏付けられた病的近視の眼球の変形ですが、この研究により、病的近視を予防するための診断や、治療法が確立される事が期待されます。特に強度近視の人の眼球の経過観察をより詳細に出来るようになったため、症状の発生と眼球の変形具合の相関を見出すことが期待できるので、病的近視の予防と早期治療が期待できます。国内ではこの30年ほどで近視人口が3倍以上になったと言われていますが、今後は増加する一方の近視の人の眼球の変形を早期発見し、失明リスクを少しでも減らすことが重要視されるでしょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加