近視と失明の関係について

近視が原因で失明することもある?

このエントリーをはてなブックマークに追加
近視の人、特に強度近視の人は、このまま見えなくなってしまうのではないかという不安におびえることもあるでしょうが、近視が直接的な原因で失明することはありません。しかし、注意も必要です。なぜなら、近視の人はその他の目の病気にかかりやすいリスクがあり、その中には失明の危険性を伴うものも少なくないからです。

もっとも注意したい網膜剥離


近視と一言でいっても、その程度には違いがあり、なかにはかなり強い度のメガネを使っても十分な視力が確保できず、日常生活にも支障が出るほどの強度近視の人もいます。強度の近視の人は、眼軸と呼ばれる眼球の奥行きの長さが、通常の人よりも長くなっていますが、それによって眼球内の網膜が引き延ばされたような状態になっています。それによって結果的に網膜が全体的に薄くなっており、少しの刺激で網膜自体や視神経が影響を受けやすくなっていると考えられます。

スポンサーリンク


強度近視の人に多い網膜剥離や網膜裂孔は、文字通り眼球内の網膜がはがれたり裂けたりする目の疾患です。視野が狭くなったり視力が低下したりすることで気が付きますが、網膜剥離が網膜の中心にある黄斑部に及ぶと、一気に視力が低下し、最悪失明に至る事もあります。強度近視は、もともと網膜自体が薄く延ばされた状態になっているため、網膜剥離の罹患率を高めると言われています。特に40代以上の強度近視の人は、老化によってより網膜剥離になりやすくなっているので、注意が必要です。

強度近視の人はぜひ定期検診を!


日本人の失明原因の1位に挙げられる緑内障も、視神経が変形し、視野が欠けてくる病気ですが、緑内障の患者の中にも近視の人が多くみられます。近視だからといって緑内障に必ずなるわけではありませんが、危険因子として挙げられています。昔は目の圧力(眼圧)が高くなることが原因と言われていましたが、最近では眼圧が正常でも発症する緑内障も知られてきました。この正常眼圧の緑内障の中に強度近視の人が多いと言われていますが、これも眼軸が長く、網膜が薄く引き伸ばされていることから、視神経がわずかな刺激でも影響を受けてしまうからだと考えられています。

近視であることが、直接的に失明に結びつくことはありませんが、なりやすい病変を知っておくことは重要です。特に強度近視の人は、特に症状の自覚が無くても、定期的に眼科で検診を受けることをおすすめします。目の病気の早期発見に努めることが、失明の危険性を低くしてくれます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加