近視が原因による飛蚊症について

近視が原因で飛蚊症になる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

眼の中に、ほこりや虫、髪の毛などが入ってしまったかのように、視界の中に影のようなものが映ることがあります。眼球を動かしても、これらの影はしつこく付いてくるためとても不快に感じますが、こういった症状を飛蚊症(ひぶんしょう)と呼びます。

眼球の老化とともに自覚する人が増える「飛蚊症」ですが、近視、特に強度近視が原因で、発症するケースがあります。

飛蚊症とは?


眼球の内部は、ゼリー状で無色透明な「ガラス体(硝子体)」と呼ばれる液体で満たされています。コラーゲンで出来ている、と言えばイメージしやすいでしょうか。

このガラス体の中に、何らかの原因で濁り・混濁が生じた場合に、その陰が網膜に移りこんで、飛蚊症の症状を引き起こします。

飛蚊症は、特にこれといった原因が無く、生来のものと思われるケースも稀にありますが、多くは眼球の老化が原因で起こる事が多いようです。また打撲などの外的な原因で、眼球内に出血や炎症が起こり飛蚊症の症状が現れるケースもあります。

スポンサーリンク


近視と飛蚊症の関係


近視の人、特に強度近視の人は、もともと眼病に掛かりやすいというリスクがありますが、飛蚊症についても同様のことが言えます。もともと眼球内部のガラス体は、正常な状態では網膜とピッタリ張り付いています。

その接着部分が何らかの原因で剥がれてくると、そこからガラス体の濁りが発生し、飛蚊症の症状が現れます。ガラス体が剥がれてくることを硝子体剥離と呼びます。

強度近視の人は眼球の長さ(眼軸)が一般の人よりも長くなっているケースが多く、網膜が引っ張られて緊張状態にあります。そのため、内部を満たしているガラス体にも負荷がかかり、硝子体剥離になりやすい下地ができあがっていると言えます。

また、負担のかかった網膜の一部が委縮変性して出血が起こった場合もガラス体に濁りを生じる原因となり、飛蚊症の症状が現れることがあります。

飛蚊症は放置しても良いか?


海外では、飛蚊症を治すためにガラス体の手術が行われている国もありますが、飛蚊症自体は放置しても問題がないため、日本国内では様子を見る事が多いようです。しかし、近視の人が飛蚊症になった場合は、少々注意が必要です。

近視で目に負担が掛かっているため網膜の萎縮や変性が起きて、そのせいで飛蚊症の症状が現れている場合は、それが網膜剥離の前兆であることもあります。

特に強度近視の人は網膜剥離になるリスクが非常に高いため、単なる飛蚊症と思わず、症状が現れた時点で他に病変が無いか詳しく検査を受けることをお勧めします。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加