近視度数について

近視度数とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

近視とは、簡単に言えば、目に入ってくる光の屈折異常ですが、近視やメガネの「度がきつい」などと言うときの「度数」とは、何から来ているのでしょうか。これは、近視の屈折異常を、正しい状態に矯正するために必要な、レンズの度数のことを表しています。

よく視力が1.0とか、0.5などと言いますが、これは何も矯正していない状態(裸眼)での視力を表しています。これに対して、度数とは、矯正具つまりメガネのレンズの度数から、どの程度の近視であるかを知る事が出来る数値になります。

度数の計算方法とは?


レンズの度数の単位はDと表しますが、これはディオプトリとかディオプターと言われる、レンズの屈折率の単位で、計算式はこのようになっています。

D = 1(メートル)/ 焦点距離(メートル)

一例をあげてみましょう。基準になっているのは焦点距離が1メートルの時です。おおむね裸眼視力が1.2とか1.5の人に該当しますが、

D = 1 / 1 = 1

スポンサーリンク


また、焦点距離は目に入ってくる光の方向に逆進する形になりますので、マイナスで表します。したがってこの場合のD は「−1D 」ということになります。

焦点距離が50cm、つまり0.5mのレンズは、
1  /  0.5 = 1 ÷ 0.5 = 2D  なので、「−2D」と表されます。

良く眼科などで、一般に知られたランドルト環を使用した視力以外に、たとえば「右目−0.8、左目−0.5」などという言い方を聞いて、腑に落ちない感じがすることがありますが、これが近視の度数(D、つまりディオプトリ)の事なのです。

近視の程度と度合いの関係


近視の度数によって、大まかな分類ですが、近視の程度を知る事が可能です。

  • 初期近視   −1D以下
  • 軽度近視  −1D 〜  −3D
  • 中等度近視 −3D 〜  −6D
  • 強度近視   −6D 〜 −10D
  • 最強度近視 −10D 〜 −15D
  • 極度近視  −15Dを超えるもの

これ以外にも、−2Dまでを軽度近視と位置づけ、その後−2Dごとに中等度近視、強度近視、最強度近視と分類している場合もあります。

このように近視の度数によって、近視がどの程度の進行度合いにあるのかを知る事が出来ますが、興味深いことに、近視の度数と、裸眼での視力検査の数値には、はっきりとした相関関係があるとは言えないようです。

裸眼の視力検査の数値がさほど高くなくても度数の高いメガネがフィットする人がいれば、裸眼視力でかなりの近視であることが出ている場合でも、メガネの度数があまり高くない人もいます。したがって、裸眼視力が○○だから、近視度数が△△、という様に両者の関係は必ず比例するとは限らないということです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加