近視と老眼の関係について

近視の人は老眼になりにくい?

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく「私は近視だから老眼にはなりにくい」と言っている人がいますが、これは間違いです。老眼は、目のピントを合わせるための筋肉や水晶体が老化することによって、近くを見た時の光の焦点が合いにくくなる、いわば老化現象のひとつです。

したがって近視であろうがなかろうが、年齢とともにどんな人にもいずれは現れてくる症状です。ではどうして、近視の人は老眼にならない、という間違った認識が広まったのでしょうか。

近視の人は老眼で不便を感じるまでにタイムラグがある


近視の人は、裸眼(何も矯正していない状態)では、遠くのものが見えにくく、近くのものは見えやすいという特徴を持っています。この状態をメガネやコンタクトレンズで矯正し、遠くのものでも良く見えるようにして生活をしています。

老眼が現れる年齢は、人によって差がありますが、近視でメガネをかけている人が、メガネのままでは手元が見えにくい、と感じた時点で、老眼になりかけている、と言えます。

スポンサーリンク


そのような人は、メガネをはずして裸眼で手元の文字などを見ると、良く見えるようになっていますので、正常な視力の人が老眼になった場合よりも、老眼によって不便を感じることが少なくなります。

言い替えれば、老眼の度がかなり進むまで老眼鏡の出番がないので、近視の人は老眼にならない、といった間違った知識が伝えられるようになったのです。

近視の人でも老眼の度が進んだ場合は、老眼鏡が必要になります。遠近両用メガネは、一枚のレンズの中に遠くが見える部分と近くが見える部分を入れてあります。それによって、目線の使い方で、遠くを見る用と手元を見る用の度を使い分けることができるのです。

老眼イコール遠視、という間違いも


同じような間違った思い込みに、老眼と遠視が同じもの、と思われているものがあります。老眼とは、毛様体筋や水晶体が老化によって柔軟性が失なわれ、手元を見るときのピントが合いにくくなる状態を指しています。

一方、遠視は近視と反対で、何らかの原因で光の焦点が網膜よりも遠いところで合うような、光の屈折異常によって起きるものです。

角膜や水晶体の屈折力が弱いか、眼球自体の長さの問題などの原因で起こっており、老眼とは根本的に発症原因が異なっています。しかし、単に近くが見えにくい、という共通した症状から、同じものであるとの勘違いが広まったと考えられます。

遠視の場合もメガネやコンタクトで矯正することが一般的ですが、実は遠視用のレーシック手術もあります。遠視に老眼を併発して極端に見えにくくなった中年期の方が手術を受けるケースもあるのです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加