近視に効くサプリについて

近視に効くサプリメントのおすすめはコレ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタル機器が普及した影響もあり、目に不調を抱える人口が急増したせいか、近視や目の健康に良いと言われるサプリメントが多く販売されています。特に疲れ目の解消や近視や乱視の症状を好転させるのに有効な、目の血行をよくしたり、視神経の働きなどを良くしてくれる栄養素は、食事からバランス良く摂取するのが難しいのが実情であり、サプリから摂取するのがおすすめです。

近視による視力の低下に効果が高い栄養素で、特にメジャーなものは、ベリー類(ブルーベリーやビルベリー、アサイーベリーなど)に含まれているアントシアニンでしょう。この栄養素は、視神経への情報の伝達をサポートする働きをしてくれます。

アントシアニン以外にもルテインやアスタキサンチン、DHA、ビタミンB群、β-カロテンなどの栄養素も近視や疲れ目の改善に効果があります。近視や疲れ目に効くサプリのほとんどは、アントシアニンにプラスして、これらの栄養素も含まれています。

尚、近視や乱視、疲れ目に効くサプリメントは各社から多数販売されていますが、イチオシはアサイベリープラチナアイです。

近視に効果があると言われる栄養素


アントシアニン

眼から入った情報を、視神経に電気信号として送る際の、物質の合成を助ける働きをします。眼精疲労や近視の進行を予防し、特に夜間の視力をアップさせます。また毛細血管を強化し、眼が疲れやすい近視の人の眼球周辺の血流を改善します。

ルテイン

ブロッコリーなどに含まれるカロテノイドのひとつで、元々眼に含まれている成分です。活性酸素から目を守り、水晶体や網膜にダメージが蓄積されるのを防ぎます。また白内障や緑内障の予防にもなりますので、眼病の気になる人にもお勧めです。

アスタキサンチン

ルテインと同様にカロテノイドのひとつで、サーモンなどに含まれている赤い色素です。特に抗酸化作用が強く、一節ではビタミンEの1000倍もの効果を持つと言われています。加齢性黄斑変性症の予防などの効果も期待できます。

DHA

視神経の発達や強化に役立ちます。尚、DHAには視力の回復や疲れ目を回復させるだけでなく、脳機能を活性化させる効果もあります。DHAの効果について詳しく知りたい方は、DHAまるわかりを参照ください。

ビタミンB群

眼の代謝機能を高める働きをします。視神経や網膜などの働きを良くして目の疲れを取り、視力の低下を予防します。ビタミンB群は複合的に摂取することでお互いの働きを高めるので、B1・B2 ・B6など、複数のビタミンB群を同時に取るようするとよいでしょう。

ビタミンA(β-カロテン)

眼球を活性酸素から守るとともに、暗い場所での視力をサポートするビタミンで、不足すると夜盲症になります。また眼球の新陳代謝を促し、老化を防止します。

ビタミンC

水晶体の透明度を保つ働きをします。眼球自体にも多く存在し、白内障・飛蚊症の予防効果があると言われています。

リコピン

トマトに多く含まれ、強力な抗酸化作用で有名です。

マグネシウム

網膜の視覚色素を保護するほか、栄養素の代謝をよくし、さまざまな体内酵素の働きを助けます。ドライアイの改善に高い効果があるという報告もあります。

カルシウム

マグネシウムが働くために不可欠で、マグネシウムと連動して働き、網膜後部の強化に役立ちます。


以上が、近視に効くと言われている栄養素ですが、上記の栄養素を効率的に摂取するなら、アサイベリープラチナアイがおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加