近視とサーフィンの関係について

近視でもサーフィンはできる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

マリンスポーツの中でも高い人気を誇るサーフィン、もちろん近視の人でも出来ます。しかし、波にもまれることが基本のスポーツなので、水泳などと比較すると、かなり近視で不自由することが多いようです。

近視でサーフィンをする危険性


サーフィンはかなりハードなスポーツです。波に揺られたり揉まれたりすることが基本で、波の力は見た目の印象よりもかなり強いため、体の自由が利かなくなるほどです。そのような状況で、周囲があまり見えないような状態で海に入る事はかなり危険な行為です。比較的すいているビーチならまだしも、複数のサーファーがいる場合は衝突の恐れもあります。もともと事故が起こりやすいマリンスポーツなので、視力の確保は欠かせません。

スポンサーリンク


近視のサーファーの対策とは?


度付きゴーグル
水泳の際には、近視の人は度付きのゴーグルを使いますが、サーフィン時に度付きゴーグルを使用するのは実は危険です。ボードとともに波にもまれた際に、外れたりぶつけたりしてケガをしたりすることが多いようです。また、水中に潜るわけではないので、水滴がついて視界が悪くなるほか、日焼けでゴーグルの跡が残るなど、あまりお勧めできる使用感ではないようです。

使い捨てコンタクトレンズ
使い捨てのコンタクトレンズを使用しているサーファーは多いようです。衛生面などを考え、必ずワンデイタイプにします。しかし、海中に落ちた場合は、流されてしまう可能性が高いです。沖に出た状態で、コンタクトが流されて十分に見えなくなってしまうと、周りの状況もわからずに、危険な状態に陥ってしまいます。またコンタクトが流された際は、わざわざ新しいものを付け替えに戻らなければならず、手間に感じるとともに、コストも気になります。さらに使用後は速やかに外さなければいけません。海水が掛かっているため、浸透圧でコンタクト本体が固くなっています。そのまま海を出てからも使い続けると、角膜を傷つける恐れがあります。

近視でサーフィンをするにはレーシックがおすすめ


近視の人がサーフィンをするには様々な不自由さが付きまといます。安全性を確保するためにも、サーファーにはレーシック手術(角膜矯正手術)がおススメです。レーシック手術では裸眼で十分視力が出せるようになりますので、レジャーシーンを不自由なく十分堪能することが可能になります。手術後は角膜が落ち着くまで、1か月程度は海に入る事が出来ませんので、スケジュールを考えて手術を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加