近視と水泳の関係について

近視でも水泳はできる?

このエントリーをはてなブックマークに追加

近視でも水泳をやっている人はたくさんいます。一言で近視といっても、人により度の違いも様々で、裸眼でもある程度見える場合は、そのままゴーグルをかけている場合もあります。

また、軽度の近視の場合は、既製品のゆるい度が入ったゴーグルで用が足りている場合もあります。プールサイドなど、矯正無しでは少々危ない、度のきつい近視の人の場合は、さまざまな苦労があるようです。

オーダーメイドの度付きのゴーグルもありますが…


確実に良く見えるのは、自分の視力に合わせた、オーダーメイドの度付きゴーグルです。視力に応じてジャストフィットに作りますので使い勝手は良いですが、作るには医師の処方箋が必要です。

既製品と比較すると、強度近視や乱視などにもメガネと同様に対応してくれますが、その分価格も高くなってしまいます。また、外してしまうと見えないので、プールサイドなどで不自由することになります。水から上がってもゴーグルが外せないという、不便な状況になってしまいます。

スポンサーリンク


コンタクトレンズを利用しているケース


良く行われているのが、コンタクトレンズを装着したまま、普通のゴーグルを使う、という手段です。コンタクトレンズは、スポーツ全般に言えることですが、ハードタイプよりもソフトタイプを使います。

使い捨てタイプなら、万一の紛失の際にも安心です。また普通のゴーグルの方が度付きゴーグルよりも選択肢が多いため、とりあえず視力はコンタクトで出しておいて、好きなゴーグルを使う人が多いようです。

水中でコンタクトレンズを使うデメリット


近視の人の水泳時の不安は、コンタクトレンズの使用で解決するように思えますが、実は水中でコンタクトを使うと、眼に雑菌が入る原因になります。使い捨てレンズを水泳後まめに取り換えるのなら良いですが、泳いだ後そのコンタクトをそのままつけているのは、衛生面からおすすめできません。

また当然ながら、外れる可能性があります。ゴーグルをつけていても、何らかの理由で水が入ってくることは稀にあり、ゴーグルに水が入るとコンタクトは流れ落ちてしまいます。

また、ゴーグルで目の周辺を圧迫することから、平常よりもコンタクトは外れやすくなっています。つまり、些細な刺激でも外れてしまうことが考えられ、それによって、水中であわててしまうデメリットもついて回ります。

利便性を考えるとレーシックがおすすめ


水泳選手の中には、レーシック(角膜屈折矯正手術)を受ける人が増えています。裸眼での視力が戻れば、煩わしい視力の確保に悩む必要もなくなります。手術後の水泳は、個人差もありますが、おおむね1か月程度で再開できるケースが多いようです。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加