近視とビタミンの関係について

近視にビタミンが効く?

このエントリーをはてなブックマークに追加

眼はとてもエネルギー代謝の激しい器官と言われています。目に負担が掛かりやすい近視の人は特に眼筋周辺の疲労のケアが必要です。近視をさらに悪化させないためには、眼精疲労の軽減が欠かせないからです。

昔から目の健康にはビタミンAと言われていましたが、実はいろいろなビタミン群が、眼の健康を維持するために必要です。食生活で上手に取り入れて、近視やそれに伴う眼精疲労の症状の緩和、近視の進行を食い止めるために生かしたいものです。

近眼の疲労回復を担うビタミンB群


ビタミンB群は、眼のエネルギー代謝を促す、つまりうまくエネルギーを取り入れて器官を働かせるために必要なビタミンです。不足すると眼筋の疲労が蓄積し、調節機能の低下を招いてしまいます。

近視の人は、ピントの合いにくさや矯正により、眼筋全体に疲労が溜まりやすくなっているため、疲労が慢性的になると、なかなか解消できない眼精疲労の状態になってしまいます。このような近視の人の目の健康維持のために、ビタミンB群は欠かせない栄養素です。

スポンサーリンク


ビタミンB1

特にエネルギー代謝上必要なビタミンで、十分に摂取することで、眼から脳への視神経伝達が活性化されます。また、眼筋の疲れやすい近視の人の眼精疲労を軽減する働きが期待できます。

ビタミンB2、B12

眼球の粘膜を保護したり、傷ついた細胞を修復したりする作用があります。また、眼の充血や炎症を防ぐ作用も期待できます。

ビタミンB6

目のピント合わせを担う毛様体筋や、水晶体といった眼の本体に、タンパク質を十分取り入れるために必要とされます。

このようなビタミンB群は、B群全体がお互いに作用して効果を発揮するようになるので、バランス良く摂取できるように心がけます。多く含むおもな食品は、豚肉やうなぎ、レバー、牛乳、玄米などです。

各種ビタミンが、眼の健康を守る


眼に良いと昔から言われるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEもビタミンB群と同様に、眼の健康維持に必要なビタミンです。

ビタミンA

眼の抗酸化力を高め、眼の粘膜や細胞の新陳代謝を促し、老化を防止する働きをします。不足すると夜盲症になる事が昔から知られていますが、これは暗いところでの視力に関係するロドプシンという物質が、ビタミンAから作られているためです。目の健康とバランスの良い視力に欠かせない栄養素のひとつです。

ビタミンC

水晶体の老化を防いで透明度を維持するために必要なビタミンです。強度近視の人には眼病の危険性がありますが、ビタミンCは白内障の予防になると言われています。

ビタミンE

血行促進に役立つビタミンとして知られていますので、眼の血行促進にも効果があり、眼筋の疲労回復や、ドライアイにも役立ちます。

スポンサーリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加